取引数が多くて入金管理が辛い!そんな時は決済代行会社に依頼しよう!

営業部門が優秀すぎて、続々と持ち込まれる新規案件。顧客が増えれば業務も増える、当たり前のことですが、バックオフィスを少数で回している中小企業には負担が大きくなりすぎている可能性があります。

「これは経理の仕事なんだから、負担が多くてもやるのが当たり前」、本当にそうでしょうか?経理担当が行う業務をアウトソースすることで、思わぬ好循環を生むことがあります。取引数が多すぎて入金管理が大変、こんな声が社員から聞こえてきたら、決済代行を利用しましょう。

ポイントも貯めてお得!
初期費用クレカで現金分割払い対応!一人暮らしデザイナーズ賃貸」はこちらから。

・管理ツールを入れすぎていませんか?
様々な決済手段を自社ツールで用意してしまい、管理ツールが煩雑化してしまっていませんか?これでは経理担当の手を煩わせるだけではなく、セキュリティ上でも不安が残ります。決済代行を導入して、豊富な決済手段を利用しつつツールを1本化し業務負担を軽減しましょう。

・消込が憂鬱!
経理担当にとってもっとも憂鬱なのが売掛金の消込業務です。決済代行会社を利用すると、入金を確認したら自動で消込、入金データを外部会計ソフトに一括インポートするだけ。帳簿のミスもなくなり業務が驚くほど効率化されます。

このように、請求処理業務もできる決済代行会社なら、会社における経理の不満・不安をすぐさま解消してくれるでしょう。