請求処理業務が自動化されるとどのぐらい効率化が見込めるのか

決済代行会社導入で効率化!よく見かけるフレーズですが本当に効果が見込めるのでしょうか?今回は請求業務にスポットを当て、業務をアウトソースする場合としない場合でどのように業務の差が生まれるのか比較してみました。

・請求書の発行
決済代行を導入していないと、売上に間違いがないかを確認しながら請求書を作成していきます。たとえ毎月同じような請求書を発行していても、間違いがないよう必ずチェックが必要です。エクセルなどのテンプレートを使い手入力しながら請求書を作成します。

決済代行会社を利用していれば、決済システムと連動し請求書の作成と送付が自動化されます。

・請求管理はどうする
決済代行を導入していないと、請求漏れや二重請求がないか、支払い遅延がないかすべて社員がチェックします。決済代行会社を利用していれば、請求漏れやミスのチェックがいらなくなるため、少ない社員で業務を回している企業でも月末処理にゆとりが生まれるでしょう。

とある決済代行会社の調べによると、決済代行を導入することで月末の作業がおおよそ80%削減できる見込みだということです。月末には社員みんなが暗い顔。そんなときには決済代行会社の利用を検討してみましょう。

次に読みたい「分譲賃貸マンションに入居できる!一人暮らしデザイナーズ賃貸」はこちらがおすすめです。